目的に合った青汁の選び方

自分にピッタリの最高の青汁を見つけよう!失敗しない青汁の選び方

更新日:

青汁の選び方
青汁と調べると色々な商品が出てきて、どれにすればいいのか迷ってしまいますよね。

青汁を選ぶうえで重要なことは、各青汁の栄養素や吸収率を見るのはもちろん、自分の「青汁を飲む目的」にその商品が合致しているかどうかを見ること。そうすれば自分にピッタリの青汁が見つかるはずです。

当記事では、青汁の選び方をご紹介したいと思います。自分にピッタリの青汁を見つけるのにお役立ていただければ幸いです。

高品質な青汁を選ぼう!良い青汁の基準とは?

良い青汁の基準
最近の青汁は「美味しい」とよく言われます。たしかに昔のと比べれば、技術の進歩もあって非常に美味しいと言えるでしょう。

しかしその「美味しい」が何によって形作られているのかは、しっかりと確認する必要があります。

早い話、青汁の主原料となる植物の粉末配合量を減らして味を薄くしたり、砂糖や甘味料などをドバドバと投入したりすれば、それは飲みやすい美味しい青汁になるのです。

しかしそのような青汁が体に良いかどうかは疑わしいところでしょう。

ダイエットのために、と青汁を飲み始めたのに、砂糖がたっぷり入っているせいで太ってしまった。そのようなことのないように、原材料は必ずチェックするようにしたほうがいいと思います。

特に「甘くておいしい」あるいは「青汁の味が全然しない」などと言われているものには注意が必要です。

青汁の主原料に着目

青汁が「青色(緑色)」をしているのは、その主原料が緑色の植物であるからです。

ではその主原料には何が使われているのか。ここにも注目したほうが良いでしょう。

今現在、青汁の主原料として一般的なのは「ケール」「明日葉」「大麦若葉」の3つです。

最近では食物繊維量の多い「クマザサ」や、ハーブの女王とも呼ばれる「よもぎ」が使用された青汁も多くなってきています。

それぞれに良さがあり、優劣はつけがたいのですが、主原料が何であるかは、その青汁が自分の目的に合致しているのかどうかを判断するに有用な情報となります。

たとえば明日葉にはカルコンというセルライト解消にも良いとされる独自成分が含まれていますし、クマザサにはきわめて多くの食物繊維が、ケールには紫外線から目を保護するとされるルテインや、良質な睡眠をサポートするメラトニンなどが含まれています。

大麦若葉にはアミノ酸も豊富で、かつこれを主原料とする青汁はお茶のような味で美味しいのです。

その主原料によって、含まれる栄養素や青汁の味が変わります。現状、最もおいしいのは大麦若葉の青汁で、おいしくない(苦い、青臭い)のはケールの青汁です。

ただしケールの青汁であっても、その他の植物やフルーツと配合することで美味しく仕上げられた製品もあります。味については口コミ等を参考にするのが良いでしょう。

参考大麦若葉主原料の人気青汁はコレ!→すっきりフルーツ青汁

製法にも注意!

青汁を選ぶときにはその製法にも注目してください。栄養素のなかには、葉酸など加熱されると壊れてしまうものもあります。

したがって、より多くの栄養を補給したければ、非加熱処理(フリーズドライ)で作られた青汁を選ぶのがベストです。

最近はこの手法で粉末化されている青汁がほとんどですので、そこまで心配する必要はありませんが、一応チェックしてみてください。

吸収率は参考程度に

「青汁は吸収率に配慮されたものを選ぶとよい」と言っているサイトもありますが、残念なことに、吸収率に何らかの具体的な配慮をした青汁というのはほとんど存在しません。

これを基準に青汁を選ぶとなると、ケルセチン配糖体(脂肪を減らすのを助ける働きのあるケルセチンをより吸収しやすくしたもの)を配合しているサントリー極の青汁くらいしか選択肢がなくなってしまうのではないでしょうか。

そもそも青汁を飲むことは野菜を食べるのと同じことであり、食事の際に吸収云々を考える人はほとんどいないわけですから、吸収率については参考程度に留めておくとよいでしょう。

あなたはどの青汁?何を目的に青汁を飲むのかはっきりさせよう!

青汁を飲む目的

ダイエット

青汁を選ぶうえでは、自分がなぜ青汁を飲むのかを明確化することも重要です。

たとえば一口にダイエットといっても色々な方法がありますよね。置換ダイエットをするのなら、栄養価が高く、健康的な体を維持してくれる成分の含まれる青汁――明日葉の青汁などがいいわけです。

サイリウムハスクなど空腹感を和らげる原材料が用いられている青汁もよいでしょう。

そうではなく運動で痩せようと思っているのなら、大麦若葉などアミノ酸の含まれる青汁がおすすめです。

参考ダイエットに最適な青汁はコチラ→GOKURICHで青汁ダイエット

便秘解消

便秘解消には食物繊維と乳酸菌が不可欠。だとすればクマザサの青汁や、乳酸菌がたくさん配合されている青汁が良いということになります。

乳酸菌配合を謳っていても、それが何個なのかを示していない青汁は避けたほうが良いです。乳酸菌○○億個と明示されている青汁をお選びください。

参考青汁で便秘解消!→青汁寒天ジュレ

自分に合った青汁の選び方まとめ

自分に合った青汁の選び方まとめ
以上のように、青汁を飲む目的をはっきりとさせれば、飲むべき青汁がわかってきます。

そのうえで、先に紹介した4つの項目、甘味料の有無、主原料、製法、吸収率をチェックし、質の良い青汁を選びましょう。

ぜひみなさんも自分にピッタリの青汁を見つけてくださいね。

人気の青汁比較ランキングTOP

  • この記事を書いた人

健食調査隊

青汁研究家として活動して早10年!美味しく飲める青汁や年代別で選ばれている人気の青汁をご紹介していきます! 健康を心がけるのはとても良い事!今からでも充分間に合いますよ!

-目的に合った青汁の選び方

Copyright© 年代別!青汁ランキング2018~おすすめ青汁の口コミや効能比較~ , 2018 All Rights Reserved.